CAPE Holland, Moray West 洋上風力モノパイル基礎施工向けバイブロハンマー受注

CAPE Holland社は、Moray West 洋上風力発電事業のモノパイル基礎施工向けに同基礎設置施工業者であるDEME社Boskalis社よりそれぞれ、世界最大となるバイブロリフティングツール:CAPE VLT-640 Trippleを1基ずつ受注いたしました。

施工されるのは、最大杭径10m、最大杭長93m、最大杭重量約2,000tのXXLサイズのモノパイルであり、水深35~55mの位置に設置されます。

導入されるバイブロリフティングツール(VLT)の吊り治具としての使用安全荷重は3,000tであり、DEME社Orionに搭載されている5,000t吊りクレーンにより、Boskalis社Bokalift2に搭載されている4,000t吊りクレーンにより、同VLTを通してモノパイルを所定の打設位置にまで吊り上げ、ターゲットとする深さまで同VLTにより杭打されます。(最終打設には油圧打撃ハンマーが使用されます。)

CAPE社VLTは、一般的に油圧打撃ハンマーでの施工と比較すると、スピーディー(砂層であれば~10倍の打設速度)且つ静穏(杭打ちによる騒音はほぼ無いのものなので気中・水中の消音装置不要)であることに加え、船上吊り上げから安定地盤層・深度に杭打されるまで常にVLTを通してクレーン・船体に接続されていることとなるので、予期せぬパイルラン等のトラブルを回避、吊具とハンマー等の付け替え・吊り工程減にもなるので、安全且つ効率的な基礎施工に有用なものとなっております。